日本共産党 枚方市会議員団 日本共産党
TOP | 議員団紹介 | 定例市会報告 | 政策と見解 | 市政ウォッチ | お知らせ | お問合せ先 | 過去アーカイブ | リンク

定例市会報告

3月議会報告

〇一般議案

・前例のない保育所統廃合民営化
 大規模化はリスクしかない

 3月8日上程された、渚西保育所廃止条例は、昨年民営化された渚保育所との統合に伴うものです。
 松岡議員は「コロナによって、通常保育もできないまま、引継ぎにも影響が出ている。統廃合民営化は前例もなく、それぞれ90名定員の保育所を統廃合し、子ども達は4月1日で200名の超大規模な集団生活となる。 しかも、小学校でも35人学級なのに、クラス人数が1歳児30人、3歳児40人だ。集団が大きくなればそれだけ感染リスクが高まる。一体何をもって保育内容を引き継ぐと言っておられるのか。また、コロナ禍に集団を大きくすることをどの様に考えているのか」と質問。
 担当部長は「いずれの保育所でも、園ごとに継承されてきた保育内容がある。保育の特徴をしっかり確認していく。集団は大きくなるが、職員配置は基準がある。感染対策に務め、安全・安心な保育所運営を求めていく」と答えました。
 松岡議員は「特徴が確認できても、統合した保育園で保育に反映できるのか。また、現渚西保育所は民営化後、臨時保育室として残すとされたが、それならば、統廃合の必要はない。コロナ禍ではリスクしかない。民営化を何故中止・延期をしなかったのか」と追及。
 市長は「コロナ禍であっても工夫をし、スケジュール通り進める。4月以降も元渚保育所の職員による訪問の他、3者懇談など行い、市もサポートする。尚、臨時保育室は一時的な施設だ」と答えました。

(松岡議員の行った反対討論 要旨)

・小さな子どもはマスクもできない。コロナ禍の民営化は中止を

 この民営化は、これまで市内で行われた民営化のなかで最悪な手法だ。
 @ 子どもが置き去り。当初の2園同時の統廃合民営化は、民間園から「この手法では応募が困難」と指摘され、先に渚保育所のみ民営化となった。当初から、保護者や保育現場の民営化手法を変えてほしい、の声があったにもかかわらず、(方針を)変えなかった。市は、子どもや保護者のことなど考えていない。
 A 保育が根底から変わる。選定審査会のなかでも、定員200名以上となる大規模園では、いくら基準が守られていても、環境が違いすぎると声が上がっていた。これまで公立では年齢にあった子どもの集団の大きさを確保してきた。これでは保育を継続することにはならない。公立で行っている、クラスの分割運営ですら、実施させられず枚方市は何の対応もしていない。
 B 当初枚方市は渚保育所の跡地は民営化後売却すると保護者に説明していた。にもかかわらず直前の2月なって渚西保育所を臨時保育室として残すとしたことは、あきらめて自分を納得させてきた保護者の心を傷つけた。計画的な保育施策を行えばこんな方法にはならない。渚西保育所は廃止せず残すべきだ。
 C 命を守ることに最優先にはなっていない。保護者や現場ではコロナ感染で大変な状況だ。市はコロナ禍でも工夫をすると言ったが、現場ではマスクもできない小さな子どもがいる。子どもが泣けば抱っこをするし、不安な時は膝にのせる。現場を見ず、言葉だけでその場を取り繕っている。
 以上の理由で、渚西保育所廃止には賛成できない。

・市の怠慢で貴重な財産を失う…土地建物贈与契約解除で和解

 土地及び建物寄附に係る贈与契約を解約する和解の議案が3月8日に提案されました。
 本件は枚方市に対し、文化芸術及び地域の活性化推進もために昨年1月に土地及び建物を寄附したいと申し出があり、6月に贈与契約が成立、しかしその後、寄付者から解約の申し入れがあったものです。
 広瀬議員は、動産契約に必要な書類は添付されていたのか。(寄付者が)取り消しの原因が枚方市の対応等に不信感を覚えたとしているが、なぜ不信感を持たれたのか、理由を問いました。
 担当副市長は、書類は未提出だった。不信の原因は寄附者負担による耐震工事が寄附の条件であると認識させてしまったこと。贈与契約が成立しているにもかかわらず、寄附の取り消しは可能と受け止められるような誤った回答をし、後日、あらためて不可能であると、回答を二転三転させてしまったことが原因と考えると答えました。
 さらに「所有権移転登記手続きに必要な書類が整わないまま契約を結んだことをはじめ行政の信頼を失墜させる経過だ。なぜ間違いをチェックできなかったのか」と市民にとって貴重な財産を失った責任を問いました。
 担当副市長は、今後は更に専門部署によるチェック体制を整え、判断等を行っていく。物件を寄附者にお返しすることになったことは、反省していかなければならず、今後、このようなことが無いように徹底していくと答えました。
 のぐち議員は「専門の担当者が対応していれば、貴重な財産も失わずに済んだ。本件は本来は議会承認が必要ではなかったのかなど疑念はあるが、これ以上、寄付者にご迷惑をかけるわけにはいかないため、議案には賛成するが、組織体制の改善、行政の信頼回復に徹底して努める、それが出来る人事の刷新を」と求めました。
 後日、本件担当職員への減給処分が報告され、市長及び担当副市長の報酬を減額する議案が上程され可決されました。
 しかし人事、組織は改善されていないのは問題であり追及していきます。

〇意見書・決議

・「ロシアによるウクライナ侵略に抗議する決議」を全会一致で可決。
・共産党議員団提出の@「75歳以上の医療費窓口負担2割化の中止を求める意見書」 A「中小業者の自家労賃を必要経費として認めることを求める意見書」は、@が共産党4名の他2名の賛成を得られたものの、いずれも否決されました。
過去の議会報告

2021年
» 2021年12月議会報告
» 2021年9月議会報告
» 2021年7月議会報告
» 2021年6月議会報告
» 2021年3月議会報告
2020年
» 2020年12月議会報告
» 2020年9月議会報告
» 2020年8月緊急臨時議会
» 2020年6月議会報告
» 2020年5月議会報告
» 2020年3月議会報告
2019年
» 2019年12月議会報告
» 2019年9月議会報告
» 2019年6月議会報告
» 2019年3月議会報告
2018年
» 2018年12月議会報告
» 2018年9月議会報告
» 2018年7月議会報告
» 2018年6月議会報告
» 2018年5月議会報告
» 2018年3月議会報告
2017年
» 2017年12月議会報告
» 2017年9月議会報告
» 2017年6月議会報告
» 2017年5月議会報告
» 2017年3月議会報告
» 2017年2月議会報告
2016年
» 2016年12月議会報告
» 2016年12月委員協議会報告
» 2016年11月枚方田辺環境施設組合議会/枚方寝屋川消防組合議会
» 2016年9月議会報告
» 2016年6月議会報告
» 2016年5月議会報告
» 2016年3月議会報告
» 2016年3月美術館問題
» 2016年2月議会報告
» 2016年2月美術館問題
2015年
» 2015年12月議会報告
» 2015年9月議会報告
» 2015年8月議会報告
» 2015年7月議会報告
» 2015年6月議会報告
» 2015年5月議会報告
» 2015年3月議会報告
2014年
» 2014年12月議会報告
» 2014年9月議会報告
» 2014年6月議会報告
» 2014年4月議会報告
» 2014年3月議会報告
» 2014年1月市政ニュース
2013年
» 2013年12月議会報告
» 2013年9月議会報告
» 2013年6月議会報告
» 2013年5月議会報告
» 2013年3月議会報告
2012年
» 2012年12月議会報告
» 2012年9月議会報告
» 2012年6月議会報告
» 2012年5月臨時議会報告
» 2012年3月議会報告
» 2012年2月文教委員協議会報告
2011年
» 2011年12月議会報告
» 2011年12月委員協議会報告
» 2011年11月議会報告
» 2011年10月議会報告
» 2011年9月議会報告
» 2011年6月議会報告
» 2011年5月議会報告
» 2011年3月議会報告
2010年
» 2010年12月議会報告
» 2010年9月議会報告
» 2010年5月議会報告
» 2010年3月議会報告
» 2010年2月議会報告
2009年
» 2009年12月議会報告
» 2009年9月議会報告
» 2009年6月議会報告
» 2009年5月議会報告
» 2009年3月議会報告
2008年
» 2008年12月議会報告
» 2008年9月議会報告
» 2008年6月議会報告
» 2008年3月議会報告
2007年
» 2007年12月議会報告
» 2007年11月議会報告
» 2007年9月議会報告
» 2007年6月議会報告
» 2007年5月議会報告
» 2007年3月議会報告
2006年
» 2006年12月議会報告
» 2006年9月議会報告
» 2006年6月議会報告
» 2006年5月議会報告
» 2006年3月議会報告
2005年
» 2005年12月議会報告
» 2005年9月議会報告
» 2005年6月議会報告
» 2005年5月臨時議会報告
» 2005年3月議会報告
2004年
» 2004年12月議会報告
» 2004年11月臨時議会報告
» 2004年9月議会報告
» 2004年6月議会報告
» 2004年5月議会報告
» 2004年3月議会報告
2003年
» 2003年12月議会報告
» 2003年9月議会報告
» 2003年6月議会報告
» 2003年5月議会報告
» 2003年3月議会報告
2002年
» 2002年12月議会報告
» 2002年9月議会報告
» 2002年6月議会報告
2001年
» 2001年6月議会報告


●著作権:日本共産党枚方市会議員団  Eメールアドレス: hirakata-jcp@salsa.ocn.ne.jp
枚方市大垣内町 2-1-20 TEL: 072-841-7243 / FAX: 072-845-4141

© 2001 Japanese Communist Party, Hirakata shigi-dan All Right Reserved.