日本共産党 枚方市会議員団 日本共産党
TOP | 議員団紹介 | 定例市会報告 | 政策と見解 | 市政ウォッチ | お知らせ | お問合せ先 | 過去アーカイブ | リンク

定例市会報告

12月議会前 各委員協議会

各委員協議会質疑

〇 厚生(つつみ議員)

・市民の願いと違う高齢者外出支援策

 高齢者の外出支援のために実施されてきた「交通運賃助成(ICカード購入補助)」が今年度でおわるため、その代わりに示されたのは「高齢者お出かけ推進手帳(仮称)」を、65歳以上の方に配布。市が設定する様々な事業に参加した場合、ポイントシールがもらえ、そのシールがたまれば、老人福祉センターや楽寿荘などの割引チケットと交換できるというものです。

 手帳の配布やポイント交換の方法等具体的な内容について質問しましたが、これから検討するとの答弁にとどまりました。

 4月から暫定版で運用しますが、利用するのは高齢者の方で、内容がわかりにくいうえに、これから検討するのでは無理があります。これまでの交通運賃助成とは全く違う内容であり、到底納得できないと主張しました。

〇 文教(広瀬議員)

・スポーツ施設の指定管理者選定…施設ごとに違う駐車場料金

 各スポーツ施設の指定管理者の選定結果と駐車料金が報告されました。総合スポーツセンターの指定管理者となる枚方体育協会・アシックスジャパン共同事業体は、渚体育館の指定管理者となる「渚スポーツコミュニティー」と同一の事業体ですが、駐車場料金は総合体育館が一日最大300円、渚体育館が400円と違いがあり、伊加賀スポーツセンターは、土日が500円と施設によって違う料金設定となっています。今回の指定管理者には各施設3〜4団体の応募がありました。選定された事業者の駐車場提案額は他の団体より低く抑えられているのかと問うたところ、総合スポーツセンターは最低料金、渚体育館は他も同一、伊加賀は一律400円が2団体、平日300円、土日500円が2団体とのことでした。

 事業者は条例上限の800円より料金を下げて提案していますが、それでも毎週利用となると負担は大きく、問題があります。

〇 建設環境(松岡議員)

・市民には受益者負担だけ押し付け

 公園施設(王仁公園・中の池公園)の指定管理者募集の選定結果が示されました。今回の募集は、「事業者応募意欲を高め競争性の確保」ということで@料金を市の収入から利用料金制(事業者収入)へA駐車場有料化 で公募されました。

 3社の応募があり、結果はこれまでと同様の(公財)枚方体育協会・木幸スポーツ企画葛、同事業体を選定。

 駐車場有料化条件については、「平成27年に策定した来庁舎利用者駐車場有料化の考え方にそって有料化の検討を行った」とのことです。

 この考え方には@受益者負担A長時間や目的外利用の課題を解消させると示されており、王仁公園は特に繁忙期の駐車場目的外利用の課題解消が必要です。ところが、結果的には、施設利用者とそうでない方との区別がない料金設定で、これでは「お金さえ払えばよい」と認めたことになってしまいます。

 さらに、料金についての考え方には「施設の標準的な滞在時間で無料時間設定の考慮を」と書かれていますが無料料金は「送迎用で30分」とされました。

 市民負担だけを増やし課題解消もできない駐車場の有料化は行うべきではありません。

 また、これまで市のパートナーとして共にスポーツ振興に歩んできた体育協会を民間企業と同列に扱い、「競争性の確保」を理由にして、利用料金制や駐車場有料化を課しました。

 この点についても公園施設の指定管理は公募でなく「特定」(非公募)で行うべきだと主張。

〇 総務(のぐち議員)

・地域防災計画の修正は地域・市民の声を聴いて

 枚方市地域防災計画の修正等について、大阪北部地震、7月豪雨及び台風に対する対応等における課題を検証し、来年3月に「暫定版職員災害時初動マニュアル」を作成し、12月には確定させ、平成32年2月に冊子版を完成させると報告がありました。

 市民からの意見収集を今後検討とあるが、どのようにするのか問い、「地域防災推進委員の育成研修会などの中でアンケート調査等も予定している。9月の台風後のアンケート調査も参考にしながら、地域防災計画の修正に活かしていく」と答えが。

 「いつ大規模災害が発生するかわからない中で意見集約も3月めどに精力的に進めていく必要がある。自治会などから今回の災害に関しての、アンケートを実施しているのだから、アンケート項目をホームページでアップして意見を募集することを検討すべき」と指摘。

・メリハリという名の給与削減

 枚方市人事行政制度調査審議会の「職員の職務と責任に応じたメリハリのある人事給与制度の構築について」答申を受けて、人事給与制度改正の取り組みについて報告がありました。

 この改正によって係長が5年間で350人、課長代理は35人縮減され、その減額効果は1億4104万9千円になります。その一方で課長以上の給料表の見直しや管理職手当の増額によって1億7037万5千円の増額となります。

 答申では係長が多すぎるとあるが、必要だからと市が配置したのではないかと、問いました。

 部長は枚方市としても必要であるからこれまで任用してきた。しかし、職制の数を見ると頭でっかちになってきていることも事実であり、適正な管理職員数はどうあるべきかということをふまえて今回制度改正に取り組んでいると答えました。

 「納得できないのは審議会の答申を受けて、職場で議論もせずにトップダウンで決めてしまうことだ。これでは職員も納得できないのではないか。管理職員も含めて組織のあり方を議論して決めるべき」だと求めました。

過去の議会報告

>> 2018年9月議会報告

>> 2018年7月議会報告

>> 2018年6月議会報告

>> 2018年5月議会報告

>> 2018年3月議会報告

>> 2017年12月議会報告

>> 2017年9月議会報告

>> 2017年6月議会報告

>> 2017年5月議会報告

>> 2017年3月議会報告

>> 2017年2月議会報告

>> 2016年12月議会報告

>> 2016年12月委員協議会報告

>> 2016年11月枚方田辺環境施設組合議会/枚方寝屋川消防組合議会

>> 2016年9月議会報告

>> 2016年6月議会報告

>> 2016年5月議会報告

>> 2016年3月議会報告

>> 2016年3月美術館問題

>> 2016年2月議会報告

>> 2016年2月美術館問題

>> 2015年12月議会報告

>> 2015年9月議会報告

>> 2015年8月議会報告

>> 2015年7月議会報告

>> 2015年6月議会報告

>> 2015年5月議会報告

>> 2015年3月議会報告

>> 2014年12月議会報告

>> 2014年9月議会報告

>> 2014年6月議会報告

>> 2014年4月議会報告

>> 2014年3月議会報告

>> 2014年1月市政ニュース

>> 2013年12月議会報告

>> 2013年9月議会報告

>> 2013年6月議会報告

>> 2013年5月議会報告

>> 2013年3月議会報告

>> 2012年12月議会報告

>> 2012年9月議会報告

>> 2012年6月議会報告

>> 2012年5月臨時議会報告

>> 2012年3月議会報告

>> 2012年2月文教委員協議会報告

>> 2011年12月議会報告

>> 2011年12月委員協議会報告

>> 2011年11月議会報告

>> 2011年10月議会報告

>> 2011年9月議会報告

>> 2011年6月議会報告

>> 2011年5月議会報告

>> 2011年3月議会報告

>> 2010年12月議会報告

>> 2010年9月議会報告

>> 2010年5月議会報告

>> 2010年3月議会報告

>> 2010年2月議会報告

>> 2009年12月議会報告

>> 2009年9月議会報告

>> 2009年6月議会報告

>> 2009年5月議会報告

>> 2009年3月議会報告

>> 2008年12月議会報告

>> 2008年9月議会報告

>> 2008年6月議会報告

>> 2008年3月議会報告

>> 2007年12月議会報告

>> 2007年11月議会報告

>> 2007年9月議会報告

>> 2007年6月議会報告

>> 2007年5月議会報告

>> 2007年3月議会報告

>> 2006年12月議会報告

>> 2006年9月議会報告

>> 2006年6月議会報告

>> 2006年5月議会報告

>> 2006年3月議会報告

>> 2005年12月議会報告

>> 2005年9月議会報告

>> 2005年6月議会報告

>> 2005年5月 臨時議会報告

>> 2005年3月議会報告

>> 2004年12月議会報告

>> 2004年11月臨時議会報告

>> 2004年9月議会報告

>> 2004年6月議会報告

>> 2004年5月議会報告

>> 2004年3月議会報告

>> 2003年12月議会報告

>> 2003年9月議会報告

>> 2003年6月議会報告

>> 2003年5月議会報告

>> 2003年3月議会報告

>> 2002年12月議会報告

>> 2002年9月議会報告

>> 2002年6月議会報告

>> 2001年6月議会報告



●著作権:日本共産党枚方市会議員団  Eメールアドレス: hirakata-jcp@salsa.ocn.ne.jp
枚方市大垣内町 2-1-20 TEL: 072-841-7243 / FAX: 072-845-4141

© 2001 Japanese Communist Party, Hirakata shigi-dan All Right Reserved.